業務プロセス構築

 
ビジネスマン

「リスク低減」「従業員のモチベーション維持」「コンプライアンス」

業務プロセスの最適化は「効率性」「コスト削減」だけでなく「リスク低減」「従業員のモチベーション維持」「コンプライアンス」なども鑑み、バランスの取れた導入を行うべきです。

1

" 企画戦略の分析 "

企業の現状及び戦略を理解し、業務プロセス再構築の目標(KGI)を立案します。

2

" 現状業務プロセスの可視化・分析 "

現状の業務プロセスを可視化し、効率性、リスクの観点からプロセスを評価します。

3

" To-Beプロセスの定義・文書化 "

評価された課題に対する対応策を考え、To-Beプロセスを定義します。また、そのプロセスを​文書化します。

4

" 実現方法のマッピング​・コスト効果分析 "

実現方法を種々検討し、To-Beプロセスとマッピングします。​RFIなどで情報収集し、コスト効果分析します。

5

" プロジェクト計画 "

To-Be業務プロセスを実現する組織整備、システム導入のための実行計画を立案します。

6

" ​組織整備 "

To-Be業務プロセスを実行可能とする実行体制を整備します。(SSC化、BPO化はここで体制整備、SLA統括を行います。)

7

" システム導入 "

To-Be業務プロセスを実現可能とするシステムを導入します。(BPM、ERP、基幹システム、CRMなどのシステムに加え、EUCの導入も含みます。)

「業務効率向上」と「オペレーショナルリスクの低減」

事業会社出身のビジネスコンサルタントが貴社の業務プロセスを最適化します。貴社の戦略に沿った業務プロセスを提案、導入し、「業務効率向上」「オペレーショナルリスクの低減」を実現します。

ビジネス用品のデザイン